お知らせ

2016Spring & Summer入荷中!

オススメ商品

売れ筋商品

【INSP】
INSPのウェアースタイルは、自分たち普段の日常的な空間に合うスタイルです。海へ向かう、サーフィンをする日のウェアーであり、スケートをする時のウェアーであり、クラブに遊びに行く時のウェアーであったり。現在の流行を追うのではなく、リラックスして着られることと、機能重視であること、飽きの来ない長く着られる服、そんなスタイルを「INSP」は提案し続けていきます。

【73R】
SEVEN THREE Rは"SurfPunks"をテーマに2000年にスタート。 その後、サーフィン、80'sスケートボード、格闘技、モトクロス、ストリートカルチャーの要素を 独自の解釈で消化したオリジナルな服作り、 またそのライフスタイルを提案するブランドコンセプトが プロダクトやプロジェクトすべてのベースになっている。 エクストリーム全般やROCK、SURF、SKATE、STREETなど様々な分野に"波"は存在し、 その波に対してジャンルを問わず様々なアプローチで展開。 さらに、「Disney」、「MARVEL」、「マクドナルド」等、数々のコラボレーションを実現。

【religion】
東京アンダーグランドシーンを引率し続け音楽の申し子、RIZEのjesseも着用するハードコアブランド!このブランド抜きに、東京のアンダーグランドカルチャーは話れません。

【SSP】
サーフストリート発祥の地渋谷から発信!1985年創業の老舗SSP!

【WHITECAPS】
白波・白く泡立つ波頭![SurfStreet]をブランドコンセプトに掲げるアンダーグランドブランド【WHITECAPS】 2002年に地元茨城からスタートしサーフィン筆頭にあらゆるシーンで活躍する若者をサポートし、「自由」をモットーに日々前進中!!

【THRASHER】
1981年スケートの街サンフランシスコで純粋なスケーターだけの雑誌を! という思いからエドワード・リギンズ氏が創刊したスラッシャー・マガジン。その雑誌から生まれたのがスケートブランド“THRASHER=スラッシャー”である。日本でも80年代からスケーター人口は驚異的なスピードで増え続け、多くのスケートブランドが注目されてきたが、鮮やかなカラーリングとコアなデザインで現在にいたるまでTHRASHERは根強いファンと新たなファンに支持され続けている。
定番のシンプルなデザインのアイテムからスーパーハードコアなデザインのアイテムまで、幅広く展開を続けるブランド

【VANS】
1966年にポール・ヴァン・ドーレンと3人のパートナーが3月16日にカリフォルニア州アナハイムの704Eブロードウェイ通りに初めてのショップをオープンしたことから始まる。40年以上経った現在では、No1スケートシューズブランドとして、またストリートにおいても絶対的な地位を確立したブランドである。シンプルなデザインとグリップのあるソールは今日においても変わらぬ製法で親しまわれている。

【Wold Force】
日本の波を知り、季節を知る熟練したウェットスーツ職人の手によって生み出されるワールドフォース!もちろんすべてがMada in japan。品質へのこだわりに妥協はありません。イージーエントランスシステムや、ネックインスーツなど、トレンドを見極めつつ、常にサーファーからのニーズの具体化にも力を注いでいきます!

【recs】
日本人の顔のフォルムに合わせた形状をサンプリングし、フレームを製作しているため、最高のフィット感を実現。
クリアレンズにも紫外線を遮断するコーティングが施されている。
テンプルはrecsの象徴でもある、斬新なアシンメトリー(左右非対称カラー)でオリジナリティーをアピール。高クオリティーながらプライスはリーズナブル。